売掛金回収の解決法


売掛金とは、商品を売買したり、サービスを提供した後、決められた期日に代金を請求し、支払いをしてもらう取引形態において、その代金を支払ってもらう権利(債権)のことを言います。つまり、先に商品やサービスを納品して、後から支払いしてもらう取引時に発生する、売上金の帳簿上の未収金のことです。

未収金と聞くと、嫌なイメージを持たれるかもしれませんが、ほとんどの売買取引はこの形態でなされており、未収金が発生しない取引は、商品をレジに持っていってその場で支払うような、商品とお金を同時に交換する商売だけとなります。つまり、この売掛金回収についての悩みは商売をされている方であれば経験することであり、会社経営をする上では切っても切れない問題であると言えます。

一般的な解決法としては、まず相手に電話で催促したり、会いに行って直接交渉をします。そこで事情を確認し、考慮した上で対処を考えます。忘れていた、期日を間違えていたといった単純なミスであれば即解決できますが、経済的事情による原因の場合は、その事情をふまえて支払いを分割・延期をする、または、保証人をつけてもらう等の解決策を取ります。交渉が上手くまとまれば、内容を書面にして残し、署名もきちんとしてもらいます。公正証書を作成する方法も良いかもしれません。このようにまとまれば良いのですが、悪質な場合には、自社で対応するには難しいケースもあります。そんな場合には、弁護士に依頼されると迅速な解決が望めますのでお勧めです。売掛金管理の仕方や弁護士に依頼するメリット等紹介します。

About 管理者