売掛金の管理の仕方


売掛金の未回収を防ぐ為には、売掛金の管理をすることが大切なポイントです。帳簿をつける際には、商品やサービスの提供された日時が取引日時になりますが、代金の支払いは後日になることが多くなります。その対価が未収金となり、売掛金として帳簿に記入することになります。この管理体制をきちんとすることが商売をする上で重要な業務であり、管理を疎かにしてしまうとミスが発生して会社の信用が失われる可能性もあります。また、ぱっとみて分からない場合は売掛金の回収状況等も把握できない為、対応が遅れたり、未回収が増えてしまって経営にも大きくのしかかってきますので、細心の注意を払って管理する必要があります。

ポイントとしては、取引先毎に売掛金管理台帳を作成しておくこと、その台帳を元に、すぐ見て分かるように売掛金の状況を取引先毎にきちんと把握しておくこと、支払いの請求は期日に漏れなく行い、必ず契約時の取り決めの通りに回収をすること、が挙げられます。このポイントを実行する為にも、会計ソフト等を導入して、財務管理はしっかりと行う体制を整えるようにしましょう。取引先と契約をする際、与信枠(取引限度額)を設定することも忘れずに行いましょう。

About 管理者