スムーズに売掛金回収


掛売金の回収の順序としては、口頭での催促、直接交渉を経ても、相手と連絡がとれなくなったり、のらりくらりと言い逃れをされたまま未回収である場合には、次の手段として内容証明郵便を利用して督促をする方法があります。売掛金には時効があるのですが、特に時効が迫っている債権に対しては、内容証明郵便で請求しておくことをお勧めします。内容証明郵便とは、いつ誰が、誰に対して、どのような文章を発送し、相手がいつ受け取ったかという記録を郵便局が公的に証明する郵便のことです。

内容証明郵便には法的に大きな力はありませんので、必ず相手が支払いに応じるとは限りません。しかしながら、催促を送ったという証拠を残すことができますので、消滅時効を中断する為に有効であり、また、相手への大きなプレッシャーを与えることができますので、返済を促す方法にもなります。後々裁判になった場合でも、証拠として提出できます。この内容証明郵便も、弁護士の名前で送ることで相手へ圧力は相当なものになりますので、その後、支払い督促をしたり、民事調停、訴訟を行う等の法的手段に訴えることにもなる可能性を考えれば、最初から弁護士に依頼されることが最も有効な手段と言えるでしょう。

About 管理者